2017年1月16日月曜日

10年続ける、ということの意味とやりかた

「日本一ゆるい」ゲームイベント、ゲーマーズラウンジ。

ゲーム機とゲームを自分で持ってきてね、というスタイルで、2006年に秋葉原UDX4Fにあったレストラン、東京フードシアター5+1ではじまってから、もう11年目を迎えようとしている。

そもそものきっかけは、UDXの4Fにある映画館や3D関係の施設や、レストランを横断的に利用してゲーム事業を展開するプロデューサーとして着任してしばらくたってから、「レストランにどのように集客をはかるか」の一環として「ゲームイベントをやってみよう」というところからのスタートだった。

なので、最初のゲーマーズラウンジは「映画館でゲームをしてからレストランで飯を食う」というコース的な展開をしていた。その中で「飲み食いしながらゲームしたほうが楽しいかも」と思って、店内にあるプロジェクターやモニターにゲーム機をつないでいまのようなスタイルに落ち着いた。

その後、レストランが閉店してしまって、目黒のカフェでやらせてもらったり、代々木のネットカフェでやらせてもらったり、いろんなことを試しながらも、いまはRed Bull 5Gのご縁でレッドブルのホールを使わせてもらっている。

10年以上イベントを続けるにあたって、大義があるわけでもなく、ここまでくると「いかにカロリーを使わずにイベントをやるのか」がカギになっているような気がする。

イベントをやるということにあたって準備が必要な会場手配、飲料の手配、スタッフの手配、機材の手配、ありとあらゆることを「楽にするために努力する」。少しでも負担になりそうなことはやらない。

Red Bull 5Gや、World Cyber Gamesといった「競技的」なイベントをやる一方、こういうかたちでのゆるいゲーミングなイベントもやる、そういうところで自分の中のバランスをとっているのかもしれない。



なんだかんだでこんなに長い期間にわたってイベントを継続できている、ということ自体、飽きっぽい自分からするとなかなか驚くもので、ただただ周りのご縁にいかされているなぁ、と思うばかりだ。

次回の開催は、2/4。
また、今年もゆるゆると遊んでいこう。

https://atnd.org/events/84524

2017年1月10日火曜日

2017にやろうとしていること

ブログを移行する作業をはじめてから結構時間がかかったけど、なんとかまとめられた。今後はこちらで書いていくことにします。

Seesaaブログから、はてなダイアリーにうつって、今回はBlogger。
すでにいろんな記事の画像が欠落してたり、リンク切れてたり、サービス先が消えてたりするけど、それはそれで時代を感じさせるね、ってことでよしとしましょう。

2004年、いまから13年前っていうと、24歳のころなので、当時の自分が、いまうちにいるスタッフよりも若かった、って考えるとなかなかくるものがあるけれど。まぁ、バカだし、あんまりモノを考えてないでいろんなこと好き勝手に書き散らかしてた当時の自分に比べてみれば、いまの連中はなかなかしっかりしてるなぁ、と。

13年もたってみると、あの頃からそれなりに成長してないとキツいなぁ、と思うし、それでも文章を書いたり、何かをアウトプットしたりしながら生きていられるので幸せなもんだとも思うし……と、そんな感じで適当にやってます。


2016年12月31日土曜日

2016年のまとめ



スタッフにブログ更新しろよ、といっておきながら自分が全然やってないこの状態よ。


・Red Bull 5G 2016 関連


Red Bull 5G の開催5年目を迎え、プロジェクトアドバイザー松井 悠氏と語る


http://www.redbull.com/jp/ja/games/stories/1331836147277/red-bull-5g-2016-finals


GAMERS DELIGHT ~ゲーマーに翼をさずけたRed Bull 5G~


http://www.redbull.com/jp/ja/games/stories/1331836914825/red-bull-5g-gamers-delight


・Red Bull Gaming U関連


トッププロ格ゲーマー8名が教える夢のような夏合宿が終了!


http://www.redbull.com/jp/ja/games/stories/1331815535138/red-bull-gaming-u-2016-street-fighter-v


Red Bullが先導する格ゲー競技シーンの手応えと展望。「Red Bull Gaming U 2016」後の松井 悠氏に話を聞いてみた


http://www.4gamer.net/games/283/G028399/20160906001/


・4gamerでのe-sportsインタビュー


「e-Sportsとは何か?」座談会。元プレイヤーと現役のプロゲームチームオーナー,イベントオーガナイザー,情報サイト運営者が大いに語る


http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20161220138/


・アンチャーテッドCLUB


https://www.youtube.com/channel/UCq_kJzEYM9B0vwo_813lnEA





ゲームのお仕事たくさんやれて楽しかった。


来年は、Red Bull 5Gはお休み。その分、スタッフとがっちり修行をして、より良い仕事ができるようにしないとね。





2015年12月18日金曜日

2015年のまとめ



ほぼ一年かけて、いろんな人の協力を得ながらこれをやってました。


http://www.redbull.com/jp/ja/games/events/1331740860095/red-bull-5g-2015





Red Bull 5Gがスタートした2012年から比べてみると、ずいぶん周りの風景も変わってはきているものの、こういうイベントの本質的な部分は変わっていないと思うし、これからも変わらないんじゃないかなぁ、と思う。


e-sportsだろうが、ゲーム大会だろうが、なんだろうが、良いゲームがあって、そこにコミュニティがあって、その先に競技なり試合なりがあって、というベースの部分が揺るがなければ、これからもこういうシーンは続くんでしょう、きっと。


そんなシーン全体が広がりを見せて、いろいろな人がそこに携わるようになってくれば、いろんな派閥もできてくるだろうし、そのなかでいわゆる“大きな取り組み”もでてくるし、気持ちのいい出来事も、気に入らない出来事も、まぁ、それはそれはいろいろでてくるもので。


そういうことの移り変わりの中で、自分が、あるいは自分たちがどういうことをやりたいのか、を考えていけばいいのかな、と。


そんな中で、一年の集大成的なイベントがRed Bull 5Gで。毎年のことながら、よくもまぁ続けられるもんだ、と他人事のように思ってしまうほど、いろんな人の力を借りながら進めてきたプロジェクト。毎年のように同じことを言っているけれど、「会場に来てみないとわからない何か」がそこにあるので、興味のある人は、ぜひ足を運んでみてほしい。





ちなみに、今年は会社としてずいぶんいろんなことに手を出してきた。


一番大きいところでは、Unity Adsのプロジェクト。去年の10月くらいから動き始めて、本格始動したのが1月から。なんだかんだといろいろなことがありながらも、それなりに成果を出せたので、まぁよかったんじゃないのかな。広告業界という未経験のところで、かなり濃密な時間を過ごせたのは今後もなんかの役に立つんじゃないかと。まだやれていない方面のところもいくつかあるので、それをクリアにしながら、引き続き進んでいこうかなと思っている。


あとは、スタッフが増えたことで、groovesync gamingとしていろいろな方面に展開できるようになったのも一つの変化。おかげで仕事のお話もたくさんいただいているので、来年に向けてもう少し人を入れないと厳しそうなのでいろんなところで人を探しているところ。


あと2日ばかりでRed Bull 5GのFINALSを迎え、今年の大仕事もおしまい。


来年はどんなことをやれるんだろうね。





2014年6月2日月曜日

たまにはブログを書きます



松井がブログを更新しない時期が続くと、「ああ、忙しいんだろうなぁ」といい方向に勝手に察してくださる方も多い。


とはいえ、実際に「ブログを書く5分の時間の無いのか?」というと、事実、どうでもいい5分を日々積み重ねてもいる。


ちょっと前に、デザイン会社としてのグルーブシンクとは別にゲーム関連の業務を行うgroovesync gaming なる部署を立ち上げましたよ、みたいな話をしたけれども、あちらの方も順調に回っていて。


スタッフもちょっとずつ増やし始めて、クオリティを担保しながら大きな仕事をしていくにはどうしたらいいのかな?なんてことも考えているところ。





Red Bull 5Gも徐々に進んでいて、また去年とは違うアプローチでいろいろなことをやっていこう、こういう風に進めよう、と半年くらいかけて煮込んでいる。


毎年、自分の中でRed Bull 5Gを進めるにあたってのお題を作っているのだけれど、今年のそれは「選手を見せるにはどうしたらいいか」。


彼らが積み上げてきたものが昇華される瞬間をどういう風に見せられるか、が課題のひとつ。


照明炊いて、スモーク見せて、どーん、みたいな演出ももちろんアリではある。ただ、そうじゃない何かがどこかにあるんじゃないかなぁ、と。


まぁ、答えがあるものではないので、日々いろいろなものを見ていくしかないのだけれど。


f:id:Y_Matsui:20140602102140j:image


そして、やっとこさYahooストアでAstro Gamingの販売がはじまった。


一応、最安値をキープできているはずなので、興味のある方はぜひどうぞ。





http://store.shopping.yahoo.co.jp/gsgaming/





2014年4月5日土曜日

ゲーマーズラウンジ #56 4/12開催



次回のゲーマーズラウンジは4/12開催です。


エントリーはこちらから。


http://atnd.org/events/48595


Facebookページでは、動画や過去のイベント写真もアップしてますので、よかったらそちらもぜひ。


https://www.facebook.com/gamersloungejp





2014年1月25日土曜日

極めろ! 仮想ゲームクラブ に出演させていただきました



北海道テレビのゲーム番組「極めろ! 仮想ゲームクラブ」のBF3、BF4の回に出演させていただきました。





D





D

芸人さんたちのトーク、さすがプロ。収録も非常に楽しませていただきました。




2013年12月17日火曜日

Red Bull 5G 2013 FINALSのあとに



1年にわたってのプロジェクト、Red Bull 5Gが終了しました。

まずは、いい試合を見せてくれた選手たち、それから、会場に来てくれたお客さん、サポートしてくれた皆さん、Red Bullの皆さん、そして松井組のスタッフたちに感謝。どこが欠けても、Red Bull 5はあのクオリティを出せなかったんじゃないかと思います。本当にありがとう。




Red Bull 5G がどんなものだったのか、はあの空間にいた人たちにしかわからないし、写真を見ただけでも、記事を見ただけでも、動画を見ただけでもきっとわからない。

あれをあの空間の中で、あのオーディエンスと一緒に経験したかどうかが何かの節目になるのかもしれないし、ならないのかもしれない。

ただ、少なくとも僕は、1年間すごい楽しかった。

だから、そういう楽しさをもっといろんな人たちと共有したい。

前にも、紹介したことがあるかもしれないけれど、僕が尊敬する雑誌の編集長である、若林 恵さんがこんな記事を書いていた。少し長いけれど、引用する。





アー・ユー・エクスぺリエンスト?──『WIRED』VOL.8発売に寄せて

(前略)

音楽業界のこの数年にわたる厳しい状況は、デジタルテクノロジーがもたらした混乱に負うところは大きい。けれども事態をもっと悪くしたのは「そういう人たち」じゃない人たちが、その状況を動かし、牛耳ろうとしていたことにあったのだと改めて思う。音楽ファンが大手レコード会社を「Evil Empire」と目の敵にしたのは、彼らのなかに、音楽ファンなら誰しもがもっている共通体験がみじんも感じられなかったからだろう。愛のないヤツがファンを無視して、何の「ビジネス」か、と。

音楽好きは、音楽好きを敏感に察知する。音楽ファンが、アーティストのみならず、レコード会社なり、オンライン/オフライン問わずショップなり、新しいメディアやデジタルサーヴィスなりの何に注視しているのかと言えば、結局のところ、「こいつら、ホントに音楽好きなのかな? 愛、あんのかな?」というところでしかない。

古いシステムと格闘するプロデューサーたちも、新しいサーヴィスを立ち上げて業界を刷新しようとするイノヴェイターたちも、ともに薄暗いレコード屋で何時間も飽くことなく時間を過ごせる根っからの音楽ファンにぼくには見えた。音楽に限らず、文化というものは、人生の何よりもそれを面白いと思っている、そんな人たちの献身によって守られ、前に進んできたはずだ。ネットの時代になったからと言って、それがおいそれと変わるとも思えない。むしろ、あらゆることが透明化し、どんな商品やサーヴィスであれ、その背後にいる人びとの態度や姿勢がかえって厳しく問われるようになっているいまだからこそ、なおさらそういう人たちによって守られ、導かれなくてはならないと認識するにいたったのが、取材を通して感じた世界の音楽の現状だった。

自分に何の感動の体験もない人間が、もっともらしく「ユーザー・エクスペリエンス」を語り、数字しかあてにできない人間がしたり顔で「顧客満足」を論ずる。それによっていかに多くの現場がモチヴェイションを奪われ、クリエイティヴィティが削がれ、結果どれだけ多くのリスナーが離れていったことだろう。そりゃそうだ。そんな連中がつくったものにいったい誰が感動なんかするもんか。

人を動かす新しい体験をつくろうとするとき、人は「動かされた自分」の体験を基準にしてしか、それをつくることはできない。未来を切り開くことと「自分が心を動かされた何か」を継承し伝えることは同義だろう、とぼくは思っている。

http://wired.jp/2013/06/10/vol8-editors-message/


僕にとって、これはゲームのことだ。

だから、これからも「動かされた自分」の体験を基準にし続けよう。




2013年11月5日火曜日

11/23 ゲーマーズラウンジ#53



もう、「今年最後の」なんて言う時期になってきましたね。


ゲーマーズラウンジ#53、11月23日に開催です。


(ちなみに52はうちの事務所開きをかねてやった)


http://atnd.org/events/44940


2006年にスタートしてから、かれこ6年以上やってきてるだらーっとしたイベント。


なにをするわけでもなく、イベント内イベントがあるわけでもなく、とりあえず遊びたいゲームを遊ぶのが目的です。


個人的にはポケモンマスターになる方向で。


誰でもお気軽にどうぞ、なイベントなのでぜひ遊びに来てくださいまし。